3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

輪ゴム発電機

3Dプリンタパーツで作る輪ゴム発電機できました。

試作一号機では輪ゴム1本で発電OKでしたが、デザイン優先で3D化した結果、輪ゴム2本で発電することになりました。
次のバージョンではもう少し長時間LED点灯させるために電気2重層コンデンサに充電できる仕様にしたいところですが、これが案外難しかったりもします。
ベアリング仕様とかにすればもうすこし効率が上がるかもしれません。
スポンサーサイト

| 3Dプリント | 11:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Nekodokuro 猫ドクロストラップを印刷

20130620dokurohikaku.jpg3Dプリントサービス Shapewaysに発注してあった猫ドクロが送られてきた。
今回CADデータを使わず、猫ドクロ画像JPGを作成してShapewaysへUPロード、Shapewaysサービス内のCreate 2D to 3Dで厚みだけを指定して3D印刷して貰う方法を試してみた。元画像サイズでは印刷時に細すぎて再現できない場所がある場合、自動的に再現できる大きさまで拡大されるようになっているので、3D印刷経験がなく、どこまで再現できるか把握しいなくても、とりあえず安心。
ついで同サービス内に無料マイショップを開店してNekodokuroストラップとして登録し販売しているが、
今現在 一個も売れニャイ(笑)とういうか見られてもいない(大笑)見事に数の海の底に沈んでいる
肉球ドクロ、ギザ耳が可愛いと思ってデザインしてみたのだが・・・
デザイン原本は3年前に飛行機用にデザインしたもの

| 3Dプリント | 12:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1/300スケール サク

サクッ!!と3Dプリントできる全長65ミリのサクをAutodesk123Dで書いてみた。
saku.jpg
胴体は1ミリ厚の中空構造で3D印刷コストを削減
sakutan.jpg
一体6ドル程度で量産可能
両腕両足は可動&胴体内へ収納できる状態で印刷可能

| 3Dプリント | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3Dプリントで作る輪ゴム発電機

輪ゴム1本でLEDを点灯できる、発電機を3Dプリンタ用に設計してみた。
gomhatuden.jpg
長さは7センチほどで手の中に納まる感じ。
画像ではギヤも組み付いた状態だが、組み立てた状態で3D印刷するのはメインフレームとハンドル部分
(折りたたみ部分も含む)でギヤは別に印刷する。ギヤがオリジナルギヤなので噛み合わせが大変心配だ。
目標としては輪ゴム一本でLED2個点灯 輪ゴム2本でLED5個点灯を目指す。
早くオランダから飛んできて欲しい。

| 開発室 | 11:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。