3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

2013年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サク モノアイ光らせてみた

ビコ~ン
saku20130710.jpg
ちょと設計ミスで、電池が入らず後加工が必要だったが、なんとか収まった。
伸縮する腕がスイッチになっている。
R1070131.jpg
この経験を元にオリジナルLEDライトがいろいろ作れそうな予感。
スポンサーサイト

| 3Dプリント | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Saku が来た

待望の3Dプリント版 サクが来た。計算どおり腕が伸縮するので可愛い。
R1070114.jpg
何色に塗ろうかなあ 右側の奴は3ミリLEDとボタン電池を仕込めるように設計したので、
ビカ~ンって光らせたい。
R1070115.jpg
なんかいいなあ 楽しくなってきたので、赤くて角のあるバージョンも頼もうかしらん。
こいつのCAD画像はこちらのブログで

| 3Dプリント | 12:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DMM.comの3Dプリントサービスを試してみた。

DMM.comの3Dプリントサービスを利用してみた。7月4日にUPLOAD その日のうちにデータチェックが終わり、即プリント発注できる状態になったが、印刷素材がアクリルしか選べなかったため、ナイロンも選べるようにメールで交渉し、ナイロンで出力してもらうようにした。色は黒を選択 注文後の納期は提示されず、ステータス推移のアカウントページもなかったので、届くのはいつになるか?楽しみにして待った・。。R1070110.jpg

その後7月11日に発送メールが来て、翌日7月12日に印刷物を受け取った。
発注後ざっと8日間で届いたことになる(毎回どうかは未知数)

届いたものは、再現性が大変良くシャープに仕上がっている(黒いのがDMM 白いのがShape)
DMMのものは曲げてみた感じ少し柔らかい気がし、厚みの誤差が少ない、
(このへんは回数注文してみないと、ロットにより結構変わることがあるので、なんとも言えない)
Shapeは最近厚みが増えて、ギザることがままあるは事実 
R1070111.jpg
今回一番驚いたのは 印刷物の重さで印刷色が黒にもかかわらすShape白よりも10%軽い。
以前リポートした白と黒の印刷物の重量の違いから逆算するとShapewaysの黒ナイロンより約28%も軽いことになり、軽いもの好きな飛行体屋さん的に嬉しい結果となった。

気になる、お値段的には、同体積、印刷素材がナイロンであればShapewaysのほぼ4倍だが、
DMMは送料がタダ(Shapeは約2k円)なのでその分を引くとほぼ3倍ってところで、
ざっくりだが3k円以内なら国内のほうが安いという感じで
あとは日本語で多少交渉ができることと、部品がシャープにあがってくるところ 軽いこと
などなどを天秤にかけつつ 極少量の試作単品のときは気軽に頼めそうニャって感じ。
20140128追記
少し割高に感じていたDMMだが、データをまとめて出してみるろ、Shapewaysより安かった。
100個ぐらいの部品データをShapeways 72ドルプラス送料19.9ドルで日本円にして9000円越えのところ
DMMだと送料込みで4860円と半分ちかいのコストだった。届くのも早いし、印刷ズレもないのでこれからはDMMを使っていくことになりそうだ。

| 3Dプリント | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薄さバトル

Shapewaysの3Dプリントサービスで過去に問題なく何度もプリントできていたデータがプリントサービス側のデータチェック担当者の感覚の違いではねられてしまう事がある。
pteraclame.jpg
この画像の○で囲んだ部分0.8ミリがいかんというのだが、最小壁薄さの0.7ミリは楽勝でクリアしている。
データチェック担当者によって、この部分が壁なのか、ワイヤなのかという捉え方の違いから来る問題だと思うのだが、ワイヤということであれば最小径は0.8ミリなのでややひっかかるが、他の大きなオブジェクトからの続きの平坦なオブジェクトなので問題ないはず、それに重箱の隅をつつくということであれば、0.75のプロペラはいいのかよ~ よう? テケラッキョ♪ ということにもなる。
実際問題この会社のプリンタで問題なく過去に何度もこのデータで再現できているので、
担当者を納得させて、このまま押し通したい
pteraasi.jpg

ということで交渉開始、このままプリントしていいから、過去に何度も同じデータでプリントしているから
とにかくプリントしてと、お願いメールした。その部分再現できていなくてもクレームつけないからとオマケまでつけて。
さて進捗が楽しみだ。
あと同じデータを日本で3Dプリントサービスを開始したDMM.comにも、見積もり出しているので、楽しみ
こちらの推奨ではざっくりと1ミリ以上にして書いてあるが、これも交渉の余地があるか試してみる
追記 
Shapeaysの方へは過去のそちらで受け付けたプリント例の写真を添付しつつ交渉したが、やれ機械が壊れる恐れがあるだのなんだの言って、どうにも譲らないので注文をキャンセルして、別途厚みを泣く泣く1ミリにしたファイルを作り新規で発注しなおした。
DMMのほうはあっさりOKが出て、ナイロンでの注文が可能になったので、早速発注
ただこちらは納期がはっきりしない(笑)
どんなものがあがってくるか楽しみ

| 3Dプリント | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。