3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

DMM.comの3Dプリントサービスを試してみた。

DMM.comの3Dプリントサービスを利用してみた。7月4日にUPLOAD その日のうちにデータチェックが終わり、即プリント発注できる状態になったが、印刷素材がアクリルしか選べなかったため、ナイロンも選べるようにメールで交渉し、ナイロンで出力してもらうようにした。色は黒を選択 注文後の納期は提示されず、ステータス推移のアカウントページもなかったので、届くのはいつになるか?楽しみにして待った・。。R1070110.jpg

その後7月11日に発送メールが来て、翌日7月12日に印刷物を受け取った。
発注後ざっと8日間で届いたことになる(毎回どうかは未知数)

届いたものは、再現性が大変良くシャープに仕上がっている(黒いのがDMM 白いのがShape)
DMMのものは曲げてみた感じ少し柔らかい気がし、厚みの誤差が少ない、
(このへんは回数注文してみないと、ロットにより結構変わることがあるので、なんとも言えない)
Shapeは最近厚みが増えて、ギザることがままあるは事実 
R1070111.jpg
今回一番驚いたのは 印刷物の重さで印刷色が黒にもかかわらすShape白よりも10%軽い。
以前リポートした白と黒の印刷物の重量の違いから逆算するとShapewaysの黒ナイロンより約28%も軽いことになり、軽いもの好きな飛行体屋さん的に嬉しい結果となった。

気になる、お値段的には、同体積、印刷素材がナイロンであればShapewaysのほぼ4倍だが、
DMMは送料がタダ(Shapeは約2k円)なのでその分を引くとほぼ3倍ってところで、
ざっくりだが3k円以内なら国内のほうが安いという感じで
あとは日本語で多少交渉ができることと、部品がシャープにあがってくるところ 軽いこと
などなどを天秤にかけつつ 極少量の試作単品のときは気軽に頼めそうニャって感じ。
20140128追記
少し割高に感じていたDMMだが、データをまとめて出してみるろ、Shapewaysより安かった。
100個ぐらいの部品データをShapeways 72ドルプラス送料19.9ドルで日本円にして9000円越えのところ
DMMだと送料込みで4860円と半分ちかいのコストだった。届くのも早いし、印刷ズレもないのでこれからはDMMを使っていくことになりそうだ。

| 3Dプリント | 09:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mayopen.blog129.fc2.com/tb.php/103-d0fcfd5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。