3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ギアボックスの作図

ギアを少しまじめに作図したついでにギアボックスを作図した。20130216giabox2.jpg


割と正確に作図したおかげで、ギア同士の歯のかみ合い具合やバックラッシュの隙間感が良くわかるようになった。
20130216giabox3.jpg
ギアボックスはCAD上で左のように勢いだけで仮組み作図しておき
十分に立体や配置のイメージをつかんでから右のような感じに整えた。
20130216giabox1.jpg
モーターやギアのホルダを追加して、干渉がないか十分に確かめながら作図した。
CADに慣れてくると楽しい作業だにゃあ。落ちないように頻繁なセーブだけが疲れるが

| CAD関連 | 07:47 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いいですね、大変だったでしょう。
ぜひデータを使わせてください。
ということは、光硬化なら組み上がったギアボックスが出来ちゃうって事? そこまではムリかな?

| ふしみ | 2013/02/17 09:33 | URL | ≫ EDIT

苦労しました。

将来的には、いけると思います。いまは軸と穴の隙間が最低でも0.5㎜はいるのでモジュール0.3では辛そうです。ギア真面目に作図するの超めんどくさかったですが、良い経験になったし、なにかとシミュレートするのに便利なことも判りました。あとはこれが回せるソフトがタダで配られれば言うことナシなんですがね~

| としちゃん | 2013/02/17 10:41 | URL | ≫ EDIT

3D CADソフト

カッコいいですね。作図ソフトはGoogle Sketch?
こちらはPCを替えて123Dも1.1にバージョンアップしました。格段に速くなり前ほどは落ちなくなってけっこういい感じです。

| たかはし | 2013/02/17 11:38 | URL | ≫ EDIT

ソフトは

123D Ver1.1です。ギアは根性出して、DIDELのカタログから割り出して作図しました。肉抜き穴の位置が今ひとつ正確でないような気がしていて、3Dプリントで作ったパーツとつきあわせて、微調整する予定です。

| としちゃん | 2013/02/17 18:07 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mayopen.blog129.fc2.com/tb.php/57-e3ab9f47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。