3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大型羽ばたき飛行機用ギアボックス試作

20130310tb30box.jpg
開発名TB30と呼ばれている、スパン1M近い大型羽ばたき飛行機用のギアボックスを3Dプリントできるかを試してみた。ギヤを組んでみると、スムーズに動き期待が持てる。
1.4ミリのタッピングビスでボックスを組み立てるのだが、3Dプリンタで出力されたABSとタッピングビスは結構相性が良く、パーツを良く固定してくれる。

画像に写っていないが、ベアリングがファイナルギヤシャフトに仕込んである。
20130310tb30boxura.jpg
これにより上の動画のようなギヤの鳴きが消えると良いとトラタヌしているが、実は翼の肩リンクの設計ミスが発覚し、修正しなければならなくなったので、飛行テストはまだおあずけ
20130310dentihotuda.jpg
これは羽ばたき飛行機鳥の背骨に当たるカーボンパイプに電池をぶら下げて、重心移動をしやすくするパーツと
受信機を固定するためのパーツ C型のかみ合いパーツにしてあるので、カーボンロッドの好きな場所に取りつけられる。コレの現場使用感も肩パーツの設計ミスでしばらくおあずけ。図面を修正せねば。

| 開発室 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mayopen.blog129.fc2.com/tb.php/74-711f2649

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。