3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Autodesk123D Ver1.1で図面修正をやりやすくするために

80tai1.jpg
最初から確実に動く物を作るのは簡単な事ではない。必ず試作、テスト、図面修正の繰り返しが起こる。
たとえ3Dプリントパーツを組みあわせて製作した物が最初は一見旨く動いていても運用しているうちに、かならずや不具合が見えてくる。その際CAD図面に修正を加えるわけだが、パーツ管理機能およびファイル管理が弱いCADソフトの場合、そのあたりがとてもめんどくさいことになることが多い。
そんなとき変更を加えやすい形状維持が重要になる。
要するに角を残しておけということで、とにかく丸めない 
あるいはセンター出しがやりにくくなる形状パーツの場合
パーツの要所要所のセンターにちいさな円柱や立方体を貼り付けておくと
Auto desk 123dの場合、後出し修正を簡単迅速に行える。
そういった目で上の画像を見ると、あーこのパーツはまだ完成していないんだなあと解るかも。

| CAD関連 | 05:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mayopen.blog129.fc2.com/tb.php/88-d9c0654f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。