3Dプリントな

3Dプリントあれこれ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Autodesk 123D 1.2 使ってみての感想というか

Autodesk 123D 1.2にアップデートしてから、問題がいくつか起きた。その中でもっとも辛かったのが
3Dプリンタに渡すデータ形式 STLファイルの超肥大化でSTL出力時容量が1.1版に比べ倍以上になってしまう問題だ。

UP.jpg

かつてのβ版ではSTLファイル出力時にどれだけ細かく出力するとかの設定が利いたので、ファイルの大きさはこちらで調整できたが、1からはその設定項目がなくなり、自動的にSTLファイルが形成されるようになった。ただ非常にシンプルなオブジェクトしかなくてもファイル容量が巨大化してしまうため、Shapewaysなどの3Dプリントサービスに出す際のファイル容量制限64Mバイトに簡単にひっかかってしまい調整を余儀なくされ
不便だったのが更に不便になってしまった。
tomyproject.jpg
そこで普段使わない、Autodesk 123Dのクラウドサービスに自分のプロジェクトを保存してみたところ、時間はかかるが(UP後、大体30分から1時間)あちらのWEB上で自動的にいくつかのファイル形式に変換され、特にSTLファイルが小さくなって実用上問題ないサイズになっていることが判った。
copyof-sitawasure.jpg
ついで便利なのが、smbファイル形式にも変換されているため、下位互換性がなかった123dx形式と違い
Autodesk 123d βなどにも読み込めるようになったところが便利だ。

ただこの方法、自分のプロジェクトを自分のアカウントに上げても、ファイルが変換されず、うまくいってない人もいるようで一体なにが原因なのか、さっぱり解らない事象もあるようで、油断ができず
できればネット接続なしに閉じた環境でさくさく開発したいところだが、そうは問屋が卸さない状況
(クラウド頼り)なところに、ますますなってきていることに危惧してしまう。
(まあタダほど高いものはないとも言えるけど)

とまあ、なんだかんだと言いたいことは山とあるAutodesk 123D 1.2だがヘルプフォーラムに山と質問意見が上がっているので、その辺は置いとく。
でも使っていて面白いソフトではあるので、些細なことだが使い勝手をよくする方法を探しては使っていたりする訳で(バージョンUPのたびに不便な方向に走っているようなのが残念だけど)よくなる方向を期待したいニャ

| CAD関連 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mayopen.blog129.fc2.com/tb.php/93-8427f800

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。